見守りゲイト 日常行動解析サービス
SEARCHGAIT研究会

見守りゲイト®
 

研究会の目的・概要

 SEARCHGAIT研究会は、三菱化学(株)が開発した歩行解析システムSEARCHGAIT®の臨床応用の様々な可能性を議論・研究する場として、 2008年10月に設立されました。新しい方法論を用いて、歩行障害の病態・治療効果について新たな領域を切り開くことを目標にしています。
研究会の議論を基にして、各々の施設で臨床研究が行われ、さらにそのデータは研究会で再び検討されます。こうして得られた新しい知見は学会・論文で活発に発表されています。

活動の内容は以下の通りです。

  1. SEARCHGAIT®の臨床応用の可能性の検討
  2. 各施設で得られたデータについての検討
  3. 学会発表の準備、共同で論文の執筆
  4. 歩行障害、パーキンソン病についての勉強会

研究会は年に2-3回開催されていますが、適時、会員同士で学会・論文原稿のやり取りは行われています。

SEARCHGAIT研究会 メンバー

(施設五十音順)

関東中央病院 神経内科
織茂 智之
大阪大学 医学部 神経内科学
望月 秀樹
北里大学 医療衛生学部 作業療法学
福田 倫也
都立神経病院 脳神経内科
高橋 一司
埼玉県総合リハビリテーションセンター
市川 忠
順天堂大学医学部附属静岡病院 脳神経内科
大熊 泰之
順天堂大学医学部附属浦安病院 リハビリテーション科
林 明人
蒲田総合病院 内科
内海 裕也
東京医科大学 医学教育学
三苫 博
東京医科大学病院 神経内科
赫 寛雄
東京慈恵会医科大学附属青戸病院 神経内科
鈴木 正彦
東京女子医科大学 神経内科
飯嶋 睦
都立神経病院 脳神経内科
横地 房子
北祐会神経内科病院
濱田 晋輔
事務局
東京医科大学 医学教育学 三苫 博
mitoma@tokyo-med.ac.jp
※ メールアドレスの@は全角になっておりますので、半角に直してお使いください。